アレルギーの原因を防げる健康住宅|使用する木材をこだわる

工夫次第で

部屋

狭小地に注文住宅を建てるなら、3階建てにするのがおすすめです。2階建てよりも効率がいいです。また、反射率のことも考えましょう。反射率が50パーセントの空間は、日本人が最も落ち着くことができるといわれています。

More Detail

新築見学で何を見るのか

住宅

大阪の戸建て住宅の見学の時間を業者の話を聞くだけで終わらないようにするために、2人以上で見学に行くようにしましょう。さらに歩いて見学に行くことで、戸建て住宅の周辺地域も合わせてチェックすることが可能です。

More Detail

中古物件の購入方法

夫婦

藤沢市で中古一戸建てを買うときには、質の高い未入居物件を選んだり、リフォームを前提に格安な物件を活用するのがポイントです。エリア内の不動産の相場について知ることが、お得に一戸建てを買うための基本であり、低金利の住宅ローンも賢く利用するべきです。

More Detail

病気にならない家

レディ

シックハウス症候群

シックハウス症候群にかかると、家の中にいる時にのどが痛くなったり、気分が悪くなるなどの症状が起こります。原因となるのは、新築の家などに使われている木材や、新しく買った家具などに含まれている化学物質によるものです。健康住宅とは、シックハウス症候群のような病気にならないように、木材の使用などに注意して建てられた家を指します。化学物質は、家に使われている木材から出る以外に、新しく購入した家具などに使われている接着剤から出る場合もあるようです。中古住宅でシックハウス症候群の症状が出ている場合は、このような例も考えられます。健康住宅を建てる際には、木の材質や壁に使われている壁紙の素材などは、十分配慮した上で選ばれます。

ハウスダスト対策

健康住宅を建てる際には、シックハウス症候群の原因となる木材などに含まれる化学物質に気をつけるとともに、ハウスダスト対策も取られます。健康の定義は幅広く、ハウスダストなども健康を害するもととなります。ハウスダストは、アレルギーなどの原因になります。アレルギーの原因となるのは、ハウスダスト以外にダニやカビなどが関連しています。木材の種類によっては、ダニやカビなどが発生しやすい素材のものがあります。ダニやカビは、ハウスダストの多いところでより繁殖します。健康住宅には、ダニやカビなどの発生を防ぐことができる木材が選ばれます。ぜん息や鼻炎などのアレルギーの症状を防ぐためにも、家を建てる時に木材の材質を確かめることが大切でしょう。